FC2ブログ

観るかい?

好き勝手に徘徊! 遊歩道

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --    top

ビックリ…大変身 

淡路島ハイウェイを走って行くと、おもしろい建物が

2014022622311821b.jpg

レンガ造りの小粋なムードに引かれて近くに、

201402262231193a5.jpg

なになに、うまい物…うまい…美味しいに弱いので

チョイと中を覗いて見たくなり…入って見ると、

20140226223210c42.jpg

頭上には鉄筋の支えが、体育館ぽく取り付けられ、

入り口には、何と淡路島物産の直売店になってました。

201402262232111d6.jpg

20140226223304a28.jpg

奧にはレストラン…あまりに風変わりなので

お店の人に訪ねると、ここは、昔

鐘紡、紡績〔カネボウ、ぼうせき〕工場の跡を再活用しています。

20140226223305fa2.jpg

20140226223302fd1.jpg

アンティークな落ちついた雰囲気♪凄く素敵でした。

まだ、使えるの精神て良いですよね。

少し先には阪神淡路大震災の震源地ともなった、

野島断層が走っているのですが、

そんな事を感じさせ無いのもすごいですよね。
スポンサーサイト

お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top

海鳥の戯言 

瀬戸内海の小さな港に帆船が波に揺られて

201402232317483c2.jpg

20140223231937300.jpg

海鳥がのどかに♪ひなたぼっこをしている♪

20140223231746390.jpg

そんな、穏やかな時の流れの中、ニュースでは

各地で豪雪の被害が起きていると知らされる

20140223231938f1a.jpg

201402232317452c3.jpg

以前、奇跡のリンゴと言う映画を観たが、

リンゴが実をつけるまで、大変な労力と気力を要する、

リンゴのみならず、サクランボ、ぶどうと

果物や農作物が次々と被害にあっている事を聴くたびに、

被害を受けている人々の今後の生活を思うと、

胸が傷みます。浜辺でひなたぼっこしてる

海鳥達の井戸端会議を盗み聞いてみましたら。

20140223231934b89.jpg

〔大阪都構想…出直し選挙なんちゃらする暇があるなら

被災地に出向いて、雪かきでもしたらえぇん~ちゃうんか、〕

〔そうやなぁ、霞ヶ関や永田町で政治家ごっこしてる

オッサン達も、少しは万民の為に汗水流して

身体動かしたらどないやねん…〕

〔こじゃんと恐ろしい、話しばぁ~しちょりました。〕?

お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top

春は来る 

阪神淡路大震災より19年の歳月が流れ、

あの恐怖と哀しみの中から、本当に少しづつ

淡路島は美しく自然の息吹と共に歩き出してます。

201402230019311c7.jpg
2014022300181183a.jpg

春の歓びが、この地から発信されているかのようです。

20140223002149f74.jpg

2014022300244216a.jpg
2014022300180972a.jpg

2014022300180888d.jpg


201402230021445d5.jpg

20140223002444fb8.jpg

淡路島黒薙水仙峽は花が咲き

各地で雪の被害が聞かれる中、まるで別世界のように

穏やかで、花の香りにつつまれていました。

震災の爪跡も感じさせ無いくらいでした。

モンキーセンターの猿にしても花の島として観光地として

復興しはじめている、この島の人々は自然の

偉大さを良く知っているのでしょうね♪


お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top

淡路島…モンキーセンターの猿 Ⅱ 

淡路島、モンキーセンターには現在300頭の猿がいて

餌代も大変で、近隣の島民の人々が自分の家にある

野菜や食べ物を持って来てくれるそうです。

人々に可愛いがられているのか、各地で野生猿の

被害か聞かれる中、淡路島のモンキーセンターの猿は

人に危害をあたえる事も無く、人から脅かされる事も無く、

とても友好的で穏やかな生活をいとなんでいます。

2014022114011463d.jpg

職人気質猿

山のすその土を手掘りで、風よけの縦穴を掘ったり

、木の根っ子をかじりながら
餓えを偲んでる猿

20140221135201a18.jpg

マナー重視猿

猿の餌売り場前には、皆が行列になり、

人間がおりに入り、餌をくれるのを待っています。

手渡しで受けとってくれます。柔らかい手でしたよ

2014022113470715a.jpg

20140221134832701.jpg

リーダーシップ猿

餌の奪いあいも、ボス猿の再配宜しく喧嘩も無く、

寒さから身を寄せ会うのも仲良く、人が近くに来ても

威嚇する事も無く、静に人間観察していました。

2014022113454782f.jpg
20140221163130293.jpg
20140221140309867.jpg

ごますり猿

お腹いっぱいにならなくても、係員のオジサンが

餌をいっぱい食べさせてくれるので、キィー♪

キィー♪と優しい声で、掃除している

オジサンに甘えん坊していました。

20140221134702541.jpg
20140221135200923.jpg

20140221134836e00.jpg

こんなに可愛い猿さんなのに、他県では何故に

上手に仲良くお付き合い出来ないのでしょうかね。

お猿被害に苦しんでいる、街の人々さん

よけいなお世話ですが、一度淡路島モンキーセンター

に足を運んで見ませんか、ここには鹿もいるんですよ

鹿の背中に乗って、猿が山から降りて来るそうですよ

自然界は人間だけ独占するより、共存するのて良いですよね。

お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top

淡路島…モンキーセンターにて 

淡路島、モンキーセンターの猿はとてもおとなしく、

野生の猿と思えないほど、人と上手に共存していました。

20140220003420c04.jpg

今はもう真冬♪だれもいない♪海、凍え死にそうだよ♪

20140220003425241.jpg

母ちゃん、腹ペコだよ…なんか、喰いたい~よ~

20140220003426a58.jpg

俺も…腹ペコだよネェ、それに寒いよ~

20140220003717af0.jpg

皆が~寒いし、腹ペコなんだよ、我慢しな、

皆さん、うちの子も中に入れてもらえんじゃろうか

かまん~よ、こっちに、おいで~

2014022000372157f.jpg

腹の足しにはならんが、そこの水でも飲んだらちぃつとはましかも

20140220003721442.jpg

冷たくて、腹のの中に染みるよ~、誰か何とかしてくれ~

それでも、淡路島のモンキーセンターの猿はとてもおとなしい

明日、何故おとなしいかお話ししますね。

三十三ヶ所参り…11番札所のお話しはちょっと、休ませてちょうでぇな…

かってな愚民でごめんしてちょでぇよ。

お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top

三十三ヶ所参り…明星山…三室戸寺 

三十三ヶ所参り…10番札所…

明星山〔みようじょうざん〕三室戸寺〔みむろとじ〕

開基…行表〔ぎょくひょう〕和尚

創建…宝亀元年…770年

本尊…千手観音菩薩

ご詠歌…夜もすがら、月を三室戸、わけゆけば

宇治の川瀬に、立は白なみ♪

20140217210243c24.jpg

20140217210244d39.jpg
201402172102462d9.jpg

約1200年前、光仁天皇が霊感を得て、

岩渕より出願された、千手観音菩薩を本尊として

創建されたと伝えられる、後に花山天皇、白河天皇の

三帝の離宮となった事から三室戸寺の寺号となった、

約1200年前に建てられた、現在の本堂は重層入屋造りの

重厚な建築で、約5000坪の大庭園には四季折々の花が

絶える事無く、咲き、花の御寺としても知られています。

20140217210455318.jpg

2014021721045340e.jpg
20140217210155049.jpg

二万株のあじさい、つつじを初めシャクナゲ、紅葉と

本堂前には色とりどりの蓮の花が咲き

極楽浄土のような景観が見られます。

20140217210156d31.jpg

2014021721015792c.jpg

三室戸寺の近くには宇治川はが流れて清涼な空気と

緑の山なみと藍色の川面に引き込まれます。

宇治川は源氏物語の宇治十帖の浮舟にも綴られていたり、

宇治平等院もあり、宇治川ラインは春は桜、初夏には藤の花

秋は山吹、紅葉、冬は雪と絵巻物のように

美しく心奪われます。

20140217210047b23.jpg
20140217210049eb7.jpg

20140217210050091.jpg

この美しい自然が壊され無いように、

これ以上に災害が起きないように、

起こさないようにお参りしてきました。

20140217210512438.jpg






お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top

三十三ヶ所…9番札所…興福寺 

歴史音痴が行く、三十三ヶ所参り

9番札所、興福寺…南円堂

創建…弘仁4年…〔813年〕

開基…藤原冬嗣公

ご本尊…不空せん索観音菩薩〔国宝〕

ご詠歌…春の日は、南円堂に耀きて

三笠の山に、春るうすくも♪

20140216192846630.jpg

奈良公園の中、千年の歴史を持った、興福寺のご本尊は

網と糸を持って万人を救い、願いを叶えてくれると伝えられます。

他にも興福寺の国宝館に安置されている、

阿修羅像はあまりに有名です。

興福寺は藤原鎌足とその子息藤原不比等ゆかりの寺院で

藤原氏の氏寺でもあります。

201402161928497e2.jpg

古代から中世まで盛大な勢力を誇っていた事を

物語るように、広大な敷地は世界遺産、

国宝指定の仏像などが数多く安置されています。

201402161929514f4.jpg

2014021619295356c.jpg
201402161929540b4.jpg

若草山では鹿がのんびりとひなたぼっこ♪を楽しんでます、


20140216193150a1c.jpg

人なっこい鹿は鹿せんべいをおねだりにきます。

2014021619324171a.jpg

20140216193243fd3.jpg

鹿せんべいの売上金は、鹿の救済に利用されるそうです。

鹿の交通事故が多くあり、鹿専用の救急車で

鹿専用の動物病院に搬送されて治療を受けたり

餌だい、薬代等、鹿の為だけに使っているとの事です。

鹿を大切にし
て共存している地元の人々に頭が下がります、

201402161932409dc.jpg

動物愛護の精神に敬意を表して♪愚民も大金150円を

払って、多いに鹿さんに遊んでもらいました♪

お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top

雪の後に… 

昨日はこの地域には珍しく豪雪になりました。

20140215172136d14.jpg

豪雪地帯の人々は大変な毎日だろうなと思いをはせました。

バイク、自転車…車までストップ状態、

結局足が一番頼りになると言う事ですね。

20140215172138937.jpg

公園も雪にうもれて銀世界…娘は仕事で

テクシー…ボヤキながら歩いてご出勤です。

2014021517213956c.jpg

ぼやくと言えばもう一人「くしゃみと鼻水が出ると」

「目もショボ、ショボすとよ、もうたまらんと」

見るとクマモンが鼻水たらして、くしゃみばかり

2014021517285687e.jpg

そう言えば嫌な季節がすぐ近くに来ているのかも、

セシームなんちゃら、PMなんちゃら…

花粉も黄砂もどんと来い、防御するしかないぞ…

地球は破壊されつっあるのだから

20140215172857ba3.jpg

耐えろクマモン。

お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top

ミステリアス…バスツアー4 

昼食を済ませて、お土産売場の入り口に

アフリカオオコノハズクが

狭い篭の中から見送ってくれました。

2014021417411929c.jpg

いちごハウスに到着、入り口で練乳入りの

パックを受けとり、スタートです。

2014021417403614a.jpg

激しいイチゴ合戦、一例になり前へ進むようにとの注意も

聞いて無いのか、押し退けながら、

ビール樽のような体型の隙間に手を伸ばし

髪振り乱して、イチゴをもぎ取る

20140214174039c13.jpg

凄まじいレッドヒート…凡人にはついて行けない。

20140214174037e7a.jpg

いちごのヘタを練乳パックに山のように

積み上げ、口はハムスター状態にふくらみ、

目は次の獲物を探している、凄い

素晴らしい、やまと撫子魂の成れの果てに

ただ、ただ唖然、紅い宝石争奪戦もすみ

20140214174118715.jpg

最終目的、おば様ターゲット商法の

宝石展示開場へ、騙される奴、騙す奴、

狐と狸の修羅場をくぐり抜けて無事に京都駅に帰還

20140214174119d75.jpg

┐(-。ー;)┌ヤレヤレの貧民+ヒンゴン+愚民の

ミステリアス…バスツアーでした。癖になりそうでした。



お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top

ミステリアス…バスツアー3 

竹島から対岸の三河湾国定公園までリターンして

400メートル離れた公園まで竹島橋をを渡り

2014021313372117d.jpg

冬の海岸を散策、竹島を眺める鎌倉時代の歌人

藤原定家「古今和歌集」作成者の父

三河地域平安時代に国司として

歴史、文化に貢献した藤原俊成の像が

竹島を眺めるように立っていました。

2014021313392961d.jpg
2014021313420289a.jpg

本当にのどかな時間が~と思ったら

〔オバヤン~助けちくれ~〕聞いた事がある声

砂浜を見ると…お前はヒンゴン?どうしたん

2014021313372527a.jpg

「石につまげて、かやったがや」と困ってました、

可愛そうなヒンゴンを救出、当たり前のようにふてぶてしい奴

20140213133724afb.jpg

〔オカヤンまっちゅうきに、なんぼ待っても戻ってきんのじゃ~〕

大丈夫すぐ帰って来るから、景色でも見てようね、

ヒンゴン素直に、まわりの風景を堪能してます。
20140213133931595.jpg

20140213133722ad3.jpg

そんなこんなしてる間、貧民が帰ってきました。

次はヒンゴンいちご狩りだよ、早くカバンに入って♪

ヒンゴン大喜び、次の場所でお昼とイチゴ狩り、

楽しみですね。私は相変わらず超特急を体内に走らせてます。

食べてはトイレへ…なのにイチゴ狩り…


お気に召したら、ポチッと・・これを↓

人気ブログランキングへ
未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。